週刊 ダイヤモンド 格安SALEスタート 2021年 7 31号 週刊,ダイヤモンド,2021年,7/31号,/clockroom1271796.html,zenigeva.jpn.org,510円,本、雑誌、コミック , 雑誌 , ビジネス、経済 , 経済、金融、投資 510円 週刊 ダイヤモンド 2021年 7/31号 本、雑誌、コミック 雑誌 ビジネス、経済 経済、金融、投資 週刊 ダイヤモンド 格安SALEスタート 2021年 7 31号 510円 週刊 ダイヤモンド 2021年 7/31号 本、雑誌、コミック 雑誌 ビジネス、経済 経済、金融、投資 週刊,ダイヤモンド,2021年,7/31号,/clockroom1271796.html,zenigeva.jpn.org,510円,本、雑誌、コミック , 雑誌 , ビジネス、経済 , 経済、金融、投資

商品 週刊 ダイヤモンド 格安SALEスタート 2021年 7 31号

週刊 ダイヤモンド 2021年 7/31号

510円

週刊 ダイヤモンド 2021年 7/31号

出版社名:ダイヤモンド社
発行年月:20210726
雑誌コード:20245
キーワード:シュウカンダイヤモンド

宅配受取について本屋さんで商品を受け取りたい方は、こちらからご注文ください
内容情報

【日本郵政グループ「多頭権力支配」の闇】創業150年の節目を迎えた日本郵政が、未曽有の危機に瀕している。2007年の民営化以降、歴代経営陣の無能と郵政ファミリーによる既得権益の温存が、日本郵政の企業統治を劣化させたのだ。経営中枢の混乱は、社員40万人の巨大組織を着実にむしばみ、社員のモラルダウンに歯止めがかからなくなっている。郵便局長・局員による詐欺・横領やかんぽ生命の不正販売など、現場社員の不祥事が絶えないのもモラルダウンの最たる例だ。そして放漫経営の果てに、郵便局のサービス劣化や地方切り捨てという「大きなツケ」となって国民に跳ね返ってきている。郵便局を存続させるのか、消滅させるのか。日本郵政の存在意義を問い直すべき時がやってきた。(特集紹介)・自爆営業、現金着服…内部コンプラマニュアルを独占入手!・日本郵便「クビになった前社長」にまさかの復帰待望論・農協vs郵便局、限界集落「生活インフラ対決」5番勝負・楽天1500億円救済は矛盾だらけ、物流提携の前途多難・郵政3社の株価半減!NTT・JRとの圧倒的格差・消える郵便局は?2.4万局「過剰」自治体ランキング50【特集】郵政消滅日本郵政の長期低落傾向に歯止めがかからない「Part 1」郵政、制御不能!日本郵便「クビになった前社長」に 復帰待望論が浮上する深い闇日本郵政の社内ヒエラルキーを徹底解剖 時代錯誤のエリートポスト(Column)日本郵政3社の株価は半減 JR、NTTとの「圧倒的格差」内部マニュアルを独占入手! ”社員性悪説”のコンプラ指導 「あなたに1億円稼げますか?」「Part 2」郵便局長の反乱郵便局長(秘)名簿で暴く”異次元”組織力 全特「60万集票マシン」の実力(Interview)柘植芳文●自民党・郵政事業に関する特命委員会幹事郵便局長覆面座談会 地方人事に斬り込む日本郵政の増田社長はけしからん!「Part 3」民営化失敗のツケ企業のカモにされてきた日本郵政 1.5兆円大勝負投資の行方民営化見直しが必須の「二つのシナリオ」 「郵便国営化論」が高まる理由リストラ必至! 郵便局”過剰”ランキング VS農協「生活インフラ」対決(Interview)竹中平蔵●慶應義塾大学名誉教授「Part 4」「非」成長戦略豪物流買収でずさんな「投資計画

出版社名ダイヤモンド社

週刊 ダイヤモンド 2021年 7/31号

河野・岸田・高市・野田氏が届け出 自民党総裁選告示

河野・岸田・高市・野田氏が届け出自民党総裁選告示

■新総裁は10月の臨時国会の首相指名選挙で新首相に

■女性が複数出馬するのは1955年の結党以来初めて

■7派閥のうち岸田派を除き支持候補を一本化できず…

29日投開票 よくわかる自民党総裁選

29日投開票よくわかる自民党総裁選

自民党総裁選が17日に告示した。投開票は29日だ。野田聖子氏が16日に出馬を表明し、4氏の争いになる。国会で過半数を持つ自民党の新しい党首は、次の首相になる。任期は2024年9月末までの3年間で、新内閣は10月初めにも発足する。10月21日には衆院議員の任期満了を迎え、来年夏には参院選がある。

■17日以降の予定・注目点

17日午前に各陣営は総裁選挙管理委員会に立候補に必要な党所属国会議員20人…

米物流網の混乱拍車 輸送費6倍、年末商戦に波及も
ロイター

米物流網の混乱拍車輸送費6倍、年末商戦に波及も

【ニューヨーク=中山修志、後藤達也】米国で物流網の混乱が拡大している。海運の要衝ロサンゼルス港は入港待ちのコンテナ船であふれ、中国からのコンテナ輸送費は以前の5~6倍に急騰した。景気回復に伴う需要増に人手不足などが重なり、物流網の目詰まりが深刻だ。物流費の上昇は物価押し上げの要因となっており、年末商戦でも商品の延着や一段の値上げにつながるおそれがある。

貨物量3割増、60隻が入港待ち

米国の海運…

PR

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。