Rss Feed Facebook button
ZENI GEVA 2012

岸野 一之

(KK NULL)

ヴォーカル、ギター

吉田 達也

ドラムス、ヴォーカル

2015

10~11月 … ヨーロッパツアーを行う。

9月 … 北海道にて初のライヴ、札幌と旭川で演奏。

2013

7~8月 … ベトナムのハノイ、ホーチミン、タイのバンコクで初のライヴを行う。その後 ZENI GEVA は、東欧最大のオルタナティヴ・フェスと言われる「OFF」(カトヴィツェ/ポーランド)に出演。

2012

12月 … SHELLAC OF NORTH AMERICA キューレートによるフェスティバル「All Tomorrow's Parties: The Nightmare Before Christmas」に出演

10月 … 「LUFF」 (スイス、ローザンヌ)、「Supersonic」 (イギリス、バーミンガム) 、「Nødutgang」 (ボーデ、ノルウェー) などのフェスティバル出演を含むヨーロッパツアー。

2011

1月 … 日本九州地方ツアー。

2010

4月 … ヨーロッパツアー、計20回のコンサート。

10月 … バーミンガムで毎年開催される「Supersonic」フェスティバル出演を含むイギリスツアー

2009

ドラマー 吉田達也(ルインズ、高円寺百景, etc.)が、20年振りに復帰。

4月 … NEUROSIS が主催する「Beyond the Pale at Roadburn Festival」 と、ロシアで開催される「Sergey Kuryokhin International Festival」の2つのフェスティバル出演を含む2週間のヨーロッパツアーを行なう。

2007

89年リリースのファーストCD 『MAXIMUM MONEY MONSTER』が、デジタル・リマスタリング(ニュースリーヴ、ボ-ナストラック付き)で再発。

2004

『LAST NANOSECOND: Live in Geneva』リリース。

2002

4月~5月 … 6年振りのヨーロッパ・ツアーを敢行、「All Tomorrow's Parties U.K.」出演を含め計7回のコンサートをスイス、フランス、ベルギー、イギリスにて行う。

2001

『10,000 LIGHT YEARS』リリース。

2000

NEUROSIS の初来日ツアーをサポートする。5年ぶりのニューアルバム『10,000 LIGHT YEARS』をシカゴの Electrical Audio Studioにて Steve Albini により録音。カリフォルニア・サンノゼの KFJC においてラジオセッション及びサンフランシスコの Great American Hall において NEUROSIS とのライヴを行う。

1998

KRAFTWER Kへのトリビュートアルバム『Musique Non Stop』に参加。カバーしたのは、"Sex Object" だが、テクノ色は一切なく100%ゼニゲバ節。

1997

第2回目のオーストラリアツアー、3万人規模のフェステイバル「Livid」に出演。他はみな商業的ロックバンドという中で 、アレアの名曲であり反ファシズム宣言でもある "Luglio, Agosto, Settembre (Nero)" のゼニゲバ・オリジナルカバーを演奏し、異彩を放つ。

1996

元 DAZZLING KILLMEN の BLAKE FLEMING をドラマーに迎え第4回目の USA ツアーを行う。その後 藤掛正隆 を正式ドラマーに迎え再びUSA ツアー、および新たにノルウェー、ポーランド、スロベニア、クロアチア、チェコ、ポルトガルを含む大規模なヨーロッパツアーを行う。

1995

フランスにてアルバム『Freedom Bondage』を録音、 その後フランス、イタリアをツアー、シカゴにて SHELLAC と共演。初のオーストラリア&ニュージーランドツアー、および2か月にわたるヨーロッパツアーを行い、JOHN PEEL SESSION に2年連続出演。

1994

初のヨーロッパツアー。オーストリア、ドイツ、フランス、デンマーク、オランダ、スウェーデン、フィンランド、ベルギー、イタリア、スイス、イギリスにおいて40回以上のライヴを行う。日本のバンドとしてはおそらく初めてBBC の JOHN PEEL SESSION に出演。

1993

再びシカゴにて STEVE ALBINI と共にアルバム『苦痛志向』を制作。第3回目の USAツアーも行う。STEVE ALBINI の新バンド SHELLAC の初来日コンサートを企画サポートする。

1992

初来日した STEVE ALBINI と共にアルバム『内破』を録音制作。『内破』はのちに「ミュージックマガジン」誌上で「1992年度ベストロックアルバム」の1枚に選ばれる。ZENI GEVA & STEVE ALBINI として東京と大阪でライヴ公演。ゼニゲバ第2回目の USA ツアーを行う。

1991

再びドラマーの交代。エイトが加入。『全体去勢/Total Castration』を STEVE ALBINI のプロデュースのもとシカゴにて録音。USA ライヴデビュー、 MELVINS, NEUROSIS, PAIN TEENS らのサポートで計6回のライヴを行う。

1990

吉田の代わりにアバランチの女性ドラマー、ヤスコが加入、7インチシングル『Sweetheart/ Bloodsex』を録音、リリース。

1989

竹谷脱退後、ルインズの吉田達也 をドラマーに迎え、"炎"、"Blackout"、"Sweetheart"、"On Suicide (ブレヒト/アートベアーズのカバー)" を録音。前作の『MAXIMUM LOVE & FUCK』と合わせたCD『MAXIMUM MONEY MONSTER』としてリリース。

1988

元ボアダムスのギタリスト 田畑満 が加入。初のスタジオ録音によるセカンドアルバム『MAXIMUM LOVE & FUCK』をリリース。

1987

KK NULL と元ハナタラシのドラマー竹谷郁夫を中心に ゼニゲバ 結成。ライヴ録音のファーストアルバム『HOW TO KILL』をリリース。